副作用の心配はない?【成分のここがスゴイ!】

雪輝麗 成分

 

雪輝麗にはどのような有効成分が含まれているのでしょうか?雪輝麗には副作用がある成分など含まれていないか心配な方も多いですよね。そんな方のために、雪輝麗はどんな成分でできているかを調べてみました。

 

雪輝麗の有効成分は?

雪輝麗にはどのような有効成分が含まれているのでしょうか?

 

雪輝麗は、オーガニック仕様で作られています。天然のハーブなどの成分がたっぷりと配合されていて、副作用があるような成分は入っていませんので、安心して仕様していただけます。ただし、アレルギー体質の方は注意してください。

 

雪輝麗の有効成分は、パパイン、チャ葉、ハッカ油です。他にも17種類の植物由来成分が含まれています。

 

パパインは、パパイヤの果実乳液から抽出される酵素のことです。パパインは、歯の黄ばみの原因であるタンパク質を分解してくれる作用があり、天然のホワイトニング成分です。パパインは、美白成分としてもよく知られています。

 

茶葉は、ポリフェノールを豊富に含み、歯垢の付着を防いでくれます。また、すでに付着している歯垢を除去する効果もあり、お口の健康を守ってくれる成分です。ポリフェノールはウーロン茶にも含まれていて、歯垢の付着を抑える効果があります。

 

ハッカ油は、ハッカから抽出される油で、ハッカに含まれているメントールは、強い抗菌効果が期待できますので、舌に付着した雑菌にアプローチすることができます。爽やかなミントの香りが口臭を除去したり予防したりしてくれます。

 

自然の抗菌作用なので、消臭に効果的です。安心して仕様することができますね。

 

また、雪輝麗には、17種類もの植物由来成分を配合していて、オーガニックにもこだわっています。安心して仕様することができます。安全に継続して使えるので、効果を実感する人が多いのですね。

 

その他にも、美しいツヤ成分として、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花エキス、フユボダイジュ花エキス、レモン果実エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、オリーブ果実油、ホホバ種子油などがふくまれ、どれも自然由来の優しい成分です。これが歯にツヤを与えてくれます。

 

ステビア葉エキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、スギナエキス、ポップ花エキス、ローズマリーなどの成分も配合されて、歯の健康をキープしてくれます。これだけの植物成分が豊富に配合されているので、安心安全に使用することができて、効果が実感できるのです。

 

雪輝麗のその他の成分は?

雪輝麗のその他の成分には、油溶性ビタミンCのテトラヘキシルデカン酸アスコルビンが配合されています。

 

これは、歯医者さんでも話題である油溶性ビタミンCであり、従来のビタミンC誘導体とは違い、油との相溶性が良くて、経皮吸収性に優れた安定しているものです。エイジングケア美容液、保湿クリームに配合される事が多く、安心して使用することができます。

 

油溶性ビタミンCのおかげで、即効性のある美白を実現することができるようになり、歯を傷めることなく、安心してホワイトニングをすることができます。

 

研磨剤を使用していませんので、安心して効果を実感することができます。

 

>>雪輝麗(せっきれい)の詳細はこちら